節電、募金、情報リテラシー #jishin #jisin

今、自分に出来ることを
仮に3つ挙げるとするならば、

1.節電

2.募金

3.情報の正誤を見極める


この3つを挙げたいと思う。

 ・
 ・
 ・

特に3番目について

個人が手軽に情報発信を行える
便利な世の中になった副作用として

誤った情報を正しいと誤認し、
それを拡散させてしまうことによって
誰かを困らせたり、傷つける可能性をも

我々は手にしたとも言えるわけで

極論、無免許で自動車を運転してはいけないように、
情報を扱うにも相応の知識とマナーが必要だと思います。

それは「情報リテラシー」と
言い換えることが出来ると思います。

 情報リテラシー(読み書き能力)とは
http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/infoliteracy.html

「情報を活用する創造的能力」のことを指し、情報手段の特性の理解と目的に応じた適切な選択、情報の収集・判断・評価・発信の能力、情報および情報手段・情報技術の役割や影響に対する理解など、“情報の取り扱い”に関する広範囲な知識と能力のことをいう。

平たく言うと、

「目の前の情報を鵜呑みにしない」
「情報が正しいのかどうか自分で確認する」

この2点に集約されます。

 ・
 ・
 ・

最近、僕に届いたデマメールの例を2つほど挙げると、

) 有害物質が雨とともに降ってくるので注意
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103120432.html

) 西日本の電力会社から東日本へ送電するために節電を求める
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011031301000548.html

どちらのケースも、

該当する企業のサイトやニュースサイトを
検索する手間を惜しまなければ
誤った情報の拡大は防げたはずで

その一手間で防げる
「事故」があることを

どうか知っていただきたく。
※オイルショック時のトイレットペーパー買占め(=騒動)が再発しないとも限らない

) コスモ石油の企業サイト
http://www.cosmo-oil.co.jp/information/110312/index.html

) 関西電力株式会社
http://www.kepco.co.jp/
※ページの真ん中辺りに記載あり

企業のサイトに同様の情報が掲載されていない場合は
「本当かも知れないが、嘘かも知れない」わけで

「嘘かも知れない=不確実な情報」は
不用意に発信しない方が無難かと思うわけで

 ・
 ・
 ・

ただ、誤解して欲しくないのは

許せないのは、
デマメールを送ってきた
友人・知人では(当然)なく

人の善意にかこつけた愉快犯に他ならず

 ・
 ・
 ・

と言っておきながら、

「お前はそんなに偉いのか」
「お前の言う事なぞ信頼できるか」

と言われてしまうと
返す言葉が何もないのも
また(悲しいかな)事実であり

ただ、ひとつ伝えたいのは

「知らない人についていってはいけない」のと同様に
「知らない人の話を鵜呑みにしてはいけない」のであります。

相手が信頼できるか否か、それがまず大事です。
※有益な情報は、信頼できる有益な人脈を経てやってくる


もしよろしければ下のボタンを押してやって下さい(無料)。
ポイントが加算され、僕が「うほっ」と喜びます。
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村


次回へと続く)
....

"節電、募金、情報リテラシー #jishin #jisin" へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: