つまづくのは、誰のせい。 #poem

歩いていると
何もない所でつまづく

手に何かを握っていると
ふとした拍子に落とす

人はそれらを
老化や偶然という言葉で
片付けてしまう

決して、そうは考えないで欲しい

それらは

遠く離れた場所から届いた
あなたに対するメッセージ

違う国に住んでいる友人だったり
すぐには会えない家族だったり
この世にはもういない先祖だったり

そんな彼らからのメッセージ

「元気でやってるか」
「ご飯ちゃんと食べてますか」
「たまには墓参りに来いよ」

それらが言葉ではなく
特殊な波動となって
あなたの体へダイレクトに届く

だから

何もない所でつまづいたり
ふとした拍子に持っていた何かを落としたり
不思議なことが起きるのであって

そんな時には

誰かが自分のことを
思いやってくれているのだと

どうか、そう考えて欲しい

もしよろしければ下のボタンを押してやって下さい(無料)。
ポイントが加算され、僕が「うほっ」と喜びます。
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

"つまづくのは、誰のせい。 #poem" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント