アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
PoweredTEXT
ブログ紹介
名 前: たなかんじ(tanakanji)
性 別: 元気なオス
趣 旨: ポエムとメルヘンは異なるんよ。知らんけど。
呟 声: http://twilog.org/tanakanji/
zoom RSS

【レポート】 #豊洲 にある #チームラボプラネッツ に行ってみた #teamLabPlanets

2018/10/20 18:51
チームラボって聞いたことありますか?

画像

誤解を恐れず独断と偏見で勝手に紹介しちゃうと「デジタルアート集団」って感じでしょうか。一般的に、アート作品ってのは鑑賞することで楽しむものですが、彼らのアート作品は体験を通じて五感で楽しむのが特徴です。

で、どこで体験出来るのか?

画像

日本各地でイベントを開催されているようですが、私がご招待を受けたのは東京の豊洲にある「チームラボ プラネッツ TOKYO」です。築地市場が移転した、あの豊洲です。最寄り駅は「新豊洲(ゆりかもめ)」です。

画像

画像

ちなみに、すぐ近くに「チームラボ ボーダレス お台場(最寄り駅は「青海 or 東京テレポート」)」という別施設もあるので、ちょっぴり混乱しちゃいますw 新豊洲に向かうはずが、途中の青海で降りてしまう方もおられるそうな。うへえ。

ネタバレ注意・・・ってバレたところで問題なし。

今から沢山の写真をペタペタ貼り付けて、会場で味わえる体験内容について説明しますが、本当に「予備知識ゼロで行きたい」って人は見ない方が無難です。そりゃそーだ。

ただ、ひとつだけ言っておきたいのが「事前に情報を仕入れたところで、会場での驚きや感動はおそらくそれらを上回ると思いますよ」ってことです。これって当たり前のようで、めっちゃ大事ですやんね。

画像

画像

今回は仕事で訪れたので、本施設のプロモーションに携わっておられるHさんにご案内いただきました。ぺこり。

画像

画像

画像

画像

とりあえず入口からロッカーまではこんな感じです。館内に入るとまず注意事項の説明を行う動画を視聴します。で、透明のスマホケースを借りて(出口でちゃんと返しましょう)、ロッカーに荷物やら靴やら上着やらを預けて、いざ出陣です。

ちなみに、この時点で専用アプリのインストールとWi-Fi設定を済ませてしておくと良いかもよ。

館内は膝下まで濡れる場所がありますゆえ、靴を脱ぎます。あと、鏡張りの部屋がありますので服装にはご注意くださいませ。ちなみにショートパンツは無料レンタルできるとのこと。

画像

画像

画像

いきなり中は真っ暗。

で、早速床が濡れてます。まだくるぶしくらいの高さですが、じゃぶじゃぶと進みます。足元の感覚を刺激されるだけでなかなかの新感覚です。で、じゃぶじゃぶしながら坂を登り切ると綺麗な滝がライトアップされてます。

ここで水攻めは一旦終了。係の方がミニタオルを配ってくれるので、足を拭きましょう。あーさっぱり。

画像

赤にライトアップされた廊下。写真では分かりにくいですが、床の素材が場所ごとに異なっており、歩くだけで不思議な感覚を味わえます。足の裏を攻めてくるとは、マニアックすぎるおもてなしw

途中、ビーズクッションで覆われた部屋もありました。個人的には、人をダメにする部屋と命名したいくらい、全てのやる気を失わせるほどの柔らかさに満ちた部屋です。仕事でなければ、ここで閉館まで眠りたいくらいでした。

画像

画像

画像

で、見どころのひとつでもある「全面ガラス張りの部屋」に到着。キラキラしてるのはクリスタルのカーテンとでも申しましょうか、専用アプリを通じて、光の演出を操作することができます。ふごー。

しかも演出は様々に組み合わせることが出来るので、色々試す楽しみもありますよ。我々を案内してくださったHさん曰く「私は3回目ですが、組み合わせによって演出が異なるので毎回新たな発見があります」とのこと。ふごー。

画像

画像

で、再び水攻めに遭うのですが、膝までの水深なのでご注意あれ。はしゃいで転ぼうものなら、結構悲惨な目に遭うと思いますw


画像

画像

写真ではなかなか伝わりにくいですが、白濁の温水(夏場は水でしたが、秋冬は温水になるそうです)の上にカラフルで幻想的な鯉の映像が投影されています。更に面白い仕掛けがございまして、鯉に触れると花が散るように鯉が消える演出を楽しめます。おーインタラクティブ・プロジェクション・マッピング。気分はゴールドエクスペリエンス。

ちなみに10分ごとに、これらの鯉が高速に動き、やがては光の線になって会場全体に大きな渦を描くという演出が見られます。素敵な体験ができますので、急がずに10分ほどウロウロすることをお勧めします。

画像

更に、このスペースには隠し部屋(?)がございますので、忘れぬよう見ておくのが吉です。中では光る盆栽とでも申しましょうか、オーロラを固めて作ったような植物が投影されています。入口が分かりづらく、Hさんに案内されなければ僕は気付きませんでした・・・じっくり探して、未来の床の間を是非ご鑑賞くださいw

そして、大きめのタオルで足を拭きまして、次の部屋に進むと・・・

画像

画像

画像

何か大きなブツがうごめいてるー、大きなボールが所狭しとうごめいてるー!まるでミクロの世界に紛れ込んだかのようなアトラクション、血管の中ってもしかするとこんな感じで赤血球やら白血球やらが働いているのかも知れません。

このボール、とても柔らかいのでぷにぷに押すだけでも何だか気持ち良いっす。しかも、押せば色が変わるという仕掛けもあります。「うまくボールを押して、ビリヤードのようにボール同士がぶつかると色がポポポーンと変わりますよ」とHさん。

画像

画像

画像

私は何度か試してみましたが、うまく行かず、むしろ係の方に「あまり強く押さないでください」と結構真面目に怒られました・・・Hさん、恨みますw

そして最後の部屋では、宇宙の万華鏡とでも申しましょうか、もうなんか360度見渡せばデジタル産フラワーが百花繚乱。ゴロゴロしながらプラネタリウム感覚で楽しんでください、とHさんに言われたのでそーする。ゴロゴロしてみる。

画像

画像

画像

ちなみにあちらこちらからやってくるデジタルフラワーに見入ってしまうと、やや酔ってしまうのでご注意くださいませ。

・・・ってな具合で、チームラボプラネッツは終了。再びロッカーに戻り、荷物を出して、そそくさと帰る準備をする。あっという間の90分でしたが、十分元は取れます。多分、2時間はたっぷり楽しめます。下手したら(?)3時間は飽きないかも。

画像

画像

Hさんに深々とお礼を申し上げて一同は退散。チームラボプラネッツそばのレストランで夕飯食べたかったのですが、貧乏人には気軽に立ち寄れる場所ではございませんでしたw 全部、貧乏が悪いんや・・・会社が悪いんや・・・

最近はチケットもとりやすくなっているはず、とHさんがおっしゃっておられましたので、ご興味ある方は是非足を運んでいてくださいませませ。田中お勧めっす(回し者)。

 チームラボプラネッツ TOKYO DMM.com
https://teamlabplanets.dmm.com/


記事へナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0


【レポート】 #品川 の「#大江戸ビール祭り 2018秋」に行ってみた

2018/10/08 13:26
愉快なビアイベントはオクトーバーフェストだけではなかったようでして。

画像

私、田中にとっての東京の奥座敷とも呼べる、都会のオアシス「品川」。コンセント利用可能なカフェあり、緑あり、綺麗なトイレあり、と三拍子揃った居心地の良すぎる場所です。

しかし、まさか、いやそんなはずは・・・素敵な品川でビアイベントが開催されていたなんて、微塵も知りませんでした。田中、一生の不覚。

画像

画像

ちょいと調べてみるに、大江戸ビール祭りは2015年に発足し、2018年の夏は町田で開催されたようでして。秋は去年に引き続き品川にて本日まで開催されております。あー気付くのが1年遅かったw

ともあれ、偶然仕入れたこの情報、この機会、そしてこの幸運を活かすべく田中は単身会場へ向かうのでありました。相棒が来るまでに会場の雰囲気を掴むが如く。

画像

画像

画像

画像

クラフトビールを手軽に楽しもうというコンセプトの通り、日本全国のみならず諸外国のビールも販売されております。日本だと、東京・秋田・宮城・福島・神戸・牛久などなど。いやー世界は広いのう。

画像

画像

勿論、フードも充実しておりまして。日本のビールには日本の食材が合う・・・のかどうかはご自身の舌で確かめてみてくださいませw 僕はお金に余裕の無い身分ゆえにフードは控え目にして、ビール中心に攻めることにしました。

折角なので、様々な種類のビールを楽しみたいというのが人情ってやつでして。オクトーバーフェストではあまり見かけない、「飲み比べセット」が多くのお店で用意されていたのが印象的でした。

まずいただいたのが、秋田の飲み比べセット。

画像

スマホのカメラに収めにくい・・・SNS映えするような工夫があれば、もっと人気出そうっすw ま、それはさておき、4種類のビールを順番にいただきマッスル!うひょー。

画像

画像

画像

以下、酔っぱらう前の田中メモから引用いたしますと・・・

 ・季節限定ビール 苦み無し、フルーティ系
 ・あきた吟醸ビール まろやかスッキリ系
 ・秋田美人 優しい芳醇系
 ・なまはげIPA 気のせいか、甘い系

こんな感じです。表現の稚拙さ的確さはともかく、味の違いは僕でも分かるくらいでしたので、皆さまならば飲み比べをお楽しみいただけるかと思います。ちなみにクラフトビールによく出てくる「IPA」ですが、インディア・ペール・エールの略でして、ホップの多さが特徴的です。個人的には一番好きなビールの種類です。

詳細な解説なこちらをドーゾw

  3分でわかるクラフトビールの種類
 http://otonano-shumatsu.com/column_list/howto/craftbeer-type.html

最初の飲み比べを終えてから、我が相棒のモテ兄さんと合流。日も暮れて、秋田のクラフトビールも良い感じに回ってきて、盛り上がって参りました!w

画像

画像

モテ兄さんは茨城県の牛久の、田中は福島の猪苗代湖のクラフトビール飲み比べをいただきました。猪苗代湖の方は、何故だかタイムサービスだったらしく、ピルスナーが1杯無料でついてきました。うひょー。

画像

画像

よくぞ集まってくれた、我が精鋭たちよ。

画像

黒ビールっぽいものやら、フルーツ風味が尖った一品やら、とにもかくにも、見た目だけでも違いを楽しめるようなビールが揃いました。ちびちび飲みながら、あーでもないこーでもないと、それっぽい蘊蓄を並べつつ、表現力を鍛えるのが飲み比べの醍醐味だと思います。違うかw

画像

画像

流石に小腹が空いたので、(何故だか)ジャークチキンを購入。そして、まだ飲んだことのないオスローのビールをいただきました。北欧のビールって珍しいですわー。ラベルがお洒落すぎる。勿論、味はしっかりIPA。

画像

チョー個人的な見解ですが、

ビール好きとして色々なビアイベントに参加しつつも、正直食傷気味になりつつあった中、大江戸ビール祭りは規模感・価格感・程よい賑やかさ・アクセスの良さなどが「丁度良い」感じにまとめられており、非常に満足行く内容でした。謎のチケット制を採用せず、現金払いなだけでストレスが少ないw(出来れば電子マネーで決済したいですが)

ともあれ、楽しいイベントだったので、また次回も品川で開催していただけることを祈りつつ。ちなみに2018年秋は本日(2018年10月8日)が最終日ですので、やや曇ってはおりますが、お近くの方は是非お立ち寄りになってみてー。

 大江戸ビール祭り 2018 秋
http://oedo-beer-festival.jp/



記事へナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0


【レポート】 #ベトナムフェスタ in神奈川2018に行ってみた #まちねり

2018/09/10 23:20
あおいそら〜あおいうみ〜

画像

先週のモネ展(印象派、最高!w)に引き続き、やって来たのは「みなとみらい」でして。今日のお目当てのイベントは「ベトナムフェスタin神奈川」でございます。仕事半分、遊び半分、あまりの晴天っぷりに「いっちょ行ってみるか」と思い立ったが吉日。去年は確か生憎の雨天に見舞われ、陣中見舞いに行った上司が泣いておりましたが・・・w

画像

まずはインフォメーションでパンフレットをゲット(超基本)。

画像

日本大通りをメインストリートに、県庁前に設置されたイベントステージから横浜公園に向かって歩きつつ、両端に様々な出店を楽しめる作りになっております。沢山の方々で賑わっておりましたが、道幅が広いのでさほどストレスは感じませんでしたのよ。

画像
画像

いわゆる文化交流イベントなので、日本人にはベトナム文化に触れてもらうためのお店が多かったです。ベトナムの衣類や雑貨、食料品を販売するお店。ベトナム料理を振舞うお店・・・のご紹介は後程。10月に開演するベトナム演劇の紹介ブースやらもありました。これは僕も劇場で鑑賞させていただく予定。楽しみじゃw

画像

余談ですが、ベトナム人向けのブースも勿論いくつかございまして、例えば海外送金サービスの紹介ブースもありました。個人的にはウェスタンユニオンの一強かと思いきや、色々あるんですね。言い換えれば、ベトナムから神奈川県に出稼ぎに来てる人が多いってことですわなあ。

画像
画像

あのドン・キホーテさんも出店。フェイスペイント体験会と販売ブースを併設。年々拡大しているインバウンド市場向けのプロモーションを兼ねてか、英語表記の看板を掲げてお菓子やら飲み物を売っておられました。ベトナムでも知名度高いんだろうなあ。

画像
画像
画像

・・・ってな具合にブラブラ歩いているだけでも十分楽しいのですが、横浜公園に到着。何を隠そう、朝からレモンケーキ2個しか食べておらず、腹ペコ具合がピークでありますゆえ、何か食べ物をいただきたく。横浜公園には飲食出店が特に多いのです。

画像
画像

行列が長すぎず短すぎず、更にベトナム人であろう店員さんが調理しているお店を選んで・・・ベトナムの焼き鳥「ガーヌオン」も美味しそうですが、ここは定番の「フォーガー」でお腹と心を満たします。

画像

エエ香りじゃー、パクチーも乗っててたまらん。やや塩味強めなスープが東南アジアっぽくて好き。レモングラスと黒コショウが効いてて、こりゃまるで舌で楽しむベトナム旅行ですなw あっという間に平らげちゃいました。

画像
画像

そして当たり前のようにビールを買いに別のお店へ。なるべく色々なお店で買い物するのが僕にとっての謎のポリシー。定番ビール「333」をいただきました、うーんベトナムに初めて旅行した日の事を思い出します。その時に飲んだビールはめちゃくちゃ温(ぬる)くてヘコみましたがw

画像
画像
画像

さて、皆さま。今までコーヒーを飲んだことはございますでしょうか。そうですね、まあ一度くらいはあるでしょう。好き嫌いはともかく、一度くらいはあるでしょう。僕は毎日一杯はいただいておりますが、健康面でも良いと聞くものですから、そりゃもう欠かさずいただいておるわけです。

で、ここで普通のコーヒーならば「いつでも、どこでも、飲めますやーん」ってなものですが、ベトナムはハノイで味わったあの「エッグコーヒー」が飲めるとあれば、素通りするわけもいかず。迷う間もなく行列へ合流。

画像
画像
画像

で、しばし待てば出てきましたよ、エッグコーヒー。文字通り、卵が加えられた、それでいてほんのり甘く、後味がしっかりと苦い。何とも不思議な味のするエッグコーヒーでございます。ベトナム人らしき親父さんから「よーくかき回して、下からかき回して、どうもお待たせしておりまーす」・・・最後の現在形はご愛敬w

いやー、この他に代え難い、それでいてハノイの思い出も相まって、何とも幸せなお味を堪能させていただきました。これもベトナムフェスタの醍醐味ですなあ。

画像

で、横浜公園を折り返し地点にして、大さん橋方面に戻ります。それにしても、何とも良いお天気。

画像
画像

象の鼻カフェではベトナムの音楽を楽しませていただきましてね。

また、船の形をしたペーパークラフトに目を奪われたりしましてね。実はベトナムのホイアンという街でお土産に買ったことがあるのですが、紙で出来ており、パタンと平らに出来るところが面白いわけです。しかも嵩張らないからお土産に最適。あー懐かしい。

画像
画像
画像

一息ついて、カフェを出て、16時30分から「水上人形劇」を鑑賞させていただきました。あまりの人気っぷりになかなか人形を見ることが出来なかったのですが・・・途中からはプロムナードから見下ろしておりましたw

水上というだけあって、大きなプールで人形があれやこれやと動き回るわけで、どうやって動かしているのかよくよく考えるとなかなかに興味深いものがあります。劇が後半に差し掛かるころ、舞台裏では出番を終えた人形が乾かされておりました。いやーお疲れちゃんw

・・・という感じで、ベトナムフェスタを十分に満喫して僕はクールに桜木町を去ることに。天気が良く、風も心地よく、何より会場の雰囲気が良かったです。もっと沢山のブースがあればうれしいのですが、それは贅沢ってものでしょう。

はてさて、また来年、この場で皆さまにお会いできることを祈りつつ。現場から田中がお届けいたしました。

ベトナムフェスタin神奈川2018
http://www.vietnamfesta2018.jp

記事へナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0


【レポート】 #スポル品川大井町 で本当にスポれそうか下見してきた

2018/08/13 01:06
皆さま、スポっておられますか?

僕は趣味でジムに通っているものの、ここ数年まったくスポっておらず、肉体と精神の衰えが気になっていたところ、我が生活圏内である大井町にスポれる(=スポーツを楽しめる)施設がオープンしたとモテ兄さんから教えてもらったため、ブラリと立ち寄ってみました。

画像

それが、ここ、「スポル品川大井町」でございます。

品川大井町と言えども、最寄駅は各線の大井町でございます。品川駅から来ようと思うと色々面倒なので大井町駅で降りることをお勧めいたします。ちなみに大井町は品川区でございます。はーどやさ。


昨日、2018.08.11にオープンしたとのことですが、近くのラーメン屋さんには最近行ったものの、オープンの予感すら嗅ぎ取れておらず、我がアンテナの低さをただただ呪うばかり。はーどっこいさ。

00. 概観

画像

画像

画像

平たく言えば、劇団四季の四季劇場「夏」の隣にスポーツ体験施設がオープンしたということなのですが、これがなかなかに面白そうなので皆さまにご紹介させていただきます。ざっくり、12の体験施設とメインダイニングがあるのですが、詳細は公式WEBサイトをご覧ください。なんじゃそりゃ。

では順番に浅く、一部そこそこ深く現場の様子をお届けいたします。

01. サーフィン

画像

ととと、都内にこんな波乗りポイントがあるなんて、びっくりぽんや!と叫ばずにはおられないほどの圧巻の施設。ポスターのメインビジュアルにも「大井町で、波乗り」と謳われているように、スポル品川大井町の目玉であることは間違いあるまいて。

同行いただいたモテ兄さんが横でしきりに「やってみたいわー」を連発しておりました。サーフィン経験ゼロの僕も「これならちょっとやってみたいかも」と思いました。初期コスト(時間、金銭)のかかるスポーツを手軽に体験できるのは競技人口やファンを増やすのに効果的ですやんね。

02. ボルダリング

で、僕がもっとも興味があるのがこちら、

画像


画像

画像

ボルダリングでございます。アクティビティの予約サイトで何度が調べたことがあるくらい興味があったのですが、専用シューズを買えだの、そこそこお値段が張るだの、貧乏人にはなかなかハードルが高く、貴族の遊びかと思っておりました・・・が、ここは1時間1800円で楽しめるそうなので、お手軽かも。

多分、涼しくなったら平日の夜やらにここの壁をヒーコラヒーコラ言いながらよじ登っていることでしょう。そのためにジムに通って鍛えている説すらある。はーどっこいしょ。

03. 脱出アトラクション

画像

今、流行りの(と言うと失礼ですか・・・)いわゆる「脱出ゲーム」も楽しめます。おそらく親子連れやらカップルやらを想定した施設なのでしょう・・・んが、僕はどちらにも該当しないので写真だけこっそり撮らせていただきました。サーセン。

04. バスケットボール

画像

画像

画像

同行いただいたモテ兄さんが「ここは流行るで」と太鼓判を押すほどのポテンシャルを秘めたバスケットボールコート。この近辺のバスケットボールコートは予約が殺到しているとのことで、スポル品川大井町の登場でいくらか緩和されると良いですなあ。

05. サッカー/フットサル

画像

サッカーに疎いのでほぼスルーしますが、日本で4校目となるバルサアカデミーがここで開校されるそうです。特別講師として、あのロベルト本郷も登場するとかしないとか。嘘です。サーセン。

06. キッズランド

画像

これまた思い切りお子様向け、家族連れ向けの施設なので遠くから写真を撮るので精一杯でした。ちなみにスポル品川大井町の運営統括は「JR東日本スポーツ株式会社」なのでシンカリオンが登場しているんでしょうなあ。食らえ、シンカリオン・パーンチ!(適当)

07. KIMIKO DATE SPORTS STUDIO

画像

僕はテニスにもテニスプレイヤーにも伊達公子さんにも詳しくないのでスルーさせていただきます。写真を一枚だけ撮りました・・・って、ん?これはもしやご本人?いや、まさか・・・しかし似ている。

ちなみにスタジオの中はヨガとかできそうな感じの内装でした。

08. テニス

画像


僕はテニスにもテニスプレイヤーにも伊達公子さんにも詳しくないのでスルーさせていただきます。写真を一枚だけ撮りました(再掲)。室内コートがたくさんあって、快適そう。

09. パデル

画像

画像

で、皆さまにひとつ質問を。

パデルってご存知ですか?

パドルでもサドルでもなく(以下略)・・・そう、パデルです。

チョーざっくり言いますと、背面に壁のあるコンパクトなテニスです。壁のバウンドを利用するのはスカッシュぽいですが、対戦相手と向き合う点で異なります。スペイン発祥のスポーツで、日本でも遊べる場所が数か所しかないそうです。東京オリパラの競技には含まれておりませんが、今後日本国内での普及を目指すとのことです・・・全部、説明スタッフの方の受け売りですが。サーセン。

世界で競技人口がテニスの4倍もいるらしいのですが、日本国内での認知度はおそらくテニスに遠く及ばないというのは何とも不思議。ふんふんと話を聞いているうちにスタッフの方から「16時30分から体験会ありますので、参加しなさいよ」と半ば強引に誘われて(失礼)、これも何かの縁だと思い、モテ兄さんと参加することに。

画像

画像

で、体験会ではラケットの持ち方、ボールの打ち方(フォア、バック)、壁に当たって戻ってくるボールを打ち返すコツなど「ほんの触りの部分」ってやつを学ばせてもらいました。僅か20分間でしたが、非常に楽しかった!というか、簡単なようでうまくいかないところがもどかしかった!

体力をそこまで必要とせず、ボールの反射を常に意識せねばならないので頭フル回転状態、ゆえに年配の方のボケ防止にも一役買っているとか。全部、説明スタッフの方の受け売りです。サーセン。

ちなみに体験会は1クラス10人で、中にはテニス経験者の青年もおられたのですが勝手が違うようで苦労されていました。後ろに壁があるってのは、テニス経験者からすると逆に困るというか理解するのに時間かかるわな・・・w

あと、体験会を終えたモテ兄さんから「スポーツした後の汗は普段と違って臭くない」という謎の名言をいただきました。なんだそりゃw

画像

で、参加賞としてオリジナル仕様の「キットカット」をいただきました。今月中ならば体験会を2回まで無料で受けられるそうです。また、9月末までコート使用料が半額とのこと。こりゃ行ってみるしか(回し者と呼ばれても良いっす)

10. ソフトボール

画像

僕はソフトボールに詳しくないので、華麗にスルー。いわゆるバッティングセンターですわ。

11. アーチェリー

画像

画像

そして、これまた珍しい「アーチェリー」の体験施設までもがありました。モテ兄さんのインタビューによると、体験会では数m離れた的を狙うが、施設としては30mの奥行がある。しかし、実際の競技では70〜90m離れた的を狙うこともあるそうな。その際は体験会の的よりも遥かに大きいものを使うそうだが、それでも随分小さく見える・・・とのこと。改めてアスリートってスゲーなーと思いました(結構マジで)。

12. O2カプセルBOX

画像

画像

あと、ニュースで聞いたことのある「酸素カプセル」ってのもありました。本格的ですなあ。残念ながら香川選手はおられなかたようですので、代わりにポスターを撮影しておきました。サーセン。

メインダイニング

画像

画像

で、(予定外ながら)スポった後の立ち寄りスポットとして飲食施設もございます。お洒落な感じのカフェで、ハンバーガーやらステーキなどがメニューに載っておりました。壁際の席はコンセントも使えるので、個人的には週末に仕事する際の穴場スポットとして活用させていただきます。フリーWi-Fiはなかったみたい。

画像

画像

で、僕はありがたくビールを頂戴いたしました。モテ兄さんはなんとかかんとかフルーツジャーみたいな格好良いお酒を飲んでました。

レセプションの裏に更衣室があり、シャワーも完備されておりましたので、今後何回か使ってみたいと思います。特にパデルとボルダリングは折角なので少しハマってみたいなあと。2020年の東京オリパラまで残り2年を切ったようですが、折角なのでスポりながら開会式を待つのもよろしかろうて。

以上、現場から田中がお伝えしました。すぽぽぽーん。

 スポル品川大井町
https://www.sporu.jp/


記事へナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0


【レポート】 #代々木公園 #スリランカフェスティバル 2018に行ってみた #まちねり

2018/08/05 23:13
日曜日の朝10時、おっさん二人が原宿駅に集合。周りは流行りの眼鏡をかけた若者だらけ。ほんま、すんません。怪しいものではございません、という輩に限って怪しいというのは世の常、人の常。ゆえに言い訳はしませんねん。

怪しいおっさん二人が目指すは代々木公園。炎天下、怪しく汗を光らせながら、すでに陸橋を渡る努力も体力も尽きてしまうほどの炎天下。そんなんでええんか。赤信号が青信号に変わるのを待つ間も、汗はダラダラ止まらず、それでも辿り着きました。

画像

スリランカフェスティバル2018の会場でございます。今回はモテ兄さんに誘われて、やって来ました。よくよく思い返してみるに昨年も来たようで。一年振りに懐かしや、忘れられんか、スリランカ。いやはや。食文化を通じてスリランカを知りましょう、という主旨でございます。

画像

画像

朝10時過ぎにもかかわらず、すでに多くの人で賑わっておりまして。空いてないか、スリランカ。個人的にはこれくらいの規模が丁度良いなあ、と思いましたのは、通路の幅が十分に確保されつつ、店舗数も「どこで何を食べようかしら」と選ぶのに多すぎず少なすぎず。

画像

画像

おっさん二人とも朝食抜きで参加したもので、早速スリランカ料理をいただきましょう。空腹を満たしましょう。モテ兄さんの事前調査を鵜呑みにして、買ってみましょう「ランプライス」とやらを。僕は別の定番「ビリヤニ」とやらを。勿論、ビールは「ライオンビール」をいただきましょうぞ。

ちなみに「バナナリーフ」の屋台にお邪魔しました。ありがたや〜。

画像

こちらがモテ兄さん一押しの「ランプライス」・・・バナナの葉に包まれたスパイシーなライス。四隅に卵やらお肉やら、おかずも配置されております。いわば、お弁当のようなものでしょうか。アツアツで提供されます、僕も一口いあだきましたが、スパイスが効いててウマー、汗が止まらんわー。

画像

さて、僕はやや無難に「ビリヤニ」をチョイス。あまりの空腹に見知らぬ一品を買う勇気なぞ出せず、一銭も出せず。インドで食べたあの味をスリランカに求めてしまいましたが、これが予想以上に旨くてハッピー。手前の丸いブツは卵のフライ?天ぷら?みたいなもので食べてビックリ。でも旨くてハッピー。

暑さのせいもあってビールも進む、進むw

画像

さて、あっという間にペロリと平らげて、怪しい汗は次から次へと溢れるばかり。このままではよろしくないと、水分補給に向かうおっさん二人。すでにTシャツはベトベトなんやで。怪しい体臭を放つんやで。防虫効果もあるんやで。

画像

画像

次に、モテ兄さんの事前調査に従い向かったのが「セイロンドロップ」の屋台。美味しそうな飲み物がカウンターで冷やされてますわー見てるだけで冷やされますわ、癒されますわー。昨年もいただきましたが、キリテー(ミルクティー)は最高。ほのかな甘さが絶妙すぎる。キリテーのプールで泳ぎたい。

ちなみに、モテ兄さんは「水だし紅茶」を召し上がっておられました。「これめっちゃうまいわー」を連発してました。

画像

画像

水分補給も無事に終えたところで、次にモテ兄さんが狙いを定めたのが「ゴダンバロティ」なるもの。お店によって「ゴダンバ」「ロティ」とバラバラの呼び方をしているようでして、やや混乱しましたが「とりあえずこれっぽい」ということで「野菜ロティ」を購入。

帰宅してから調べてみるに、ロティは「パン生地」を指すようでして、ゴダンバロティは「パン生地で包んだ料理」を指すようです。ゆえに、正確には「野菜ゴダンバロティ」と呼ぶのではないかと。中身のバリエーションは色々ありました。

私見になりますが、スリランカフェスティバルは単価が他の食フェスに比べて安く感じました。800円くらいしそうなボリュームの料理が600円で食べられたり。サイドメニューが300円から買えたり。ビールは500円でフツーw

画像

画像

で、そうこうしているうちに屋台に行列が出来つつありました。そりゃそうか、もうお昼時になってまいりまして。そりゃそうだ。そろそろ退散かと、暑さによる体力消耗の限界を感じつつあるおっさん二人。涼を求めて原宿駅へと戻るのでありました・・・もう一品くらい食べても良かったなあ。

画像

そして会場の外れにあった、そこそこ立派なステージ。ペールナショナルフェスティバルの看板・・・しかし、誰もおられず、何も行われず。お昼ごろまで放置されていたような気がしますが、あの後どうなったのかしらw

それではスリランカ、また来年会えたらお会いしましょう。それまでは忘れんか。




 スリランカフェスティバル
 http://srilankafestival.jp/

記事へナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0


【レポート】 #代々木公園 #台湾フェスタ に行ってみた #まちねり #イベント

2018/07/29 22:51
台風一過、行って参りましたよ。代々木公園で開催された台湾フェスタよ。

画像

画像

日曜日のお昼過ぎ、一番混雑していた時間帯だったとは言え、到着早々予想以上の人だかり、盛り上がり。こりゃテンション上げずには居られません。怖いですね、恐ろしいですね。空腹に拍車がかかりますね。とりあえず、ビール、ビール(震える握り拳)。

画像

画像

正門(?)から入場して、まず目に付いたのが台湾のお茶。阿里山の銘柄が購買欲をそそります・・・が、僕は貧乏かつビール中毒なのでそろそろりとスルー。実は台湾訪問時に阿里山のお茶を購入したことがあるのでスルー。味良し、香り良しで個人的にはチョーお薦め。今から思えば買っておけば良かったw

画像

更にマンゴーの販売所もございまして。1個700円から買えたようでして。こちらはかなり惹かれましたが、とりあえず、ビール、ビール。これまた、今から思えば買っておけば良かったw

画像

まずは缶ビールから、ライチ味の台湾ビールでございます。見た目が缶チューハイみたいで一瞬焦りましたが、ちゃんとビールでした。味は確かにライチ味、甘すぎると言えばそれまでですが、まあそこはご愛敬ってことで。

画像
画像
画像

ほらほら、現地は溢れんばかりの人・人・人。台湾ファンの方々は日本に多いようでして。同じ台湾ファンとしては嬉し限りでございます。

画像


さて、そろそろ腹ごしらえをば。かき氷やらタピオカミルクは女子供向けゆえに、おっさんである僕は速攻却下・・・嘘です、本当は食べたかったのですが行列に並ぶ根性がなかっただけです、すんません。ビールに合いそうな酒の肴を求めつつ、運よくビールの飲み比べセットを見つけたので即購入。おっさんですんません。

画像


おお、飲み比べセットが揃う瞬間。僕には至福の瞬間でございます。ノーマル、黒ビール、緑色なのがライチ味、紫色なのがカシス味でございます。全部、おいしゅうございました。

画像

画像


牡蠣麻婆なる初見料理と、定番のパーコー(排骨)を同時に購入。ビールと一緒に買えば100円引きになる嬉しいサービス付き。ちなみにこのお店は比較的並ばずに買うことが出来ました。ヒントは大通りから少し外れた場所、チョー混雑する会場でありながら、探せば並ばずに済むお店はありますのでご参考までにw

画像

画像

会場内に用意された座席は当然ながら満席。昼時だったとは言え、座ることは非常に困難なくらい満席。しかし焦るべからず、個人的には代々木公園をつなぐ陸橋へ向かうべし。ここの手すりをテーブル代わりに食事を楽しむのが自称上級者。日差しは避けられませんが、人混みは簡単に避けられますのでお勧め。

・・・ってな具合に手軽にパパっと、しかし料理のチョイスによってはディープな台湾を楽しめるのが食フェスの良いところでございます。個人的に心配なのが、会場に立ち入った際に鼻に滑り込んでくる「臭豆腐」の独特の匂い。これは台湾経験者にとって懐かしいものでありながら、初心者にとっては「なんじゃこりゃ」と顔をしかめるレベルであることは確かw 杞憂ながら、これが原因で台湾ファン候補生が減ってしまわないかと思うレベルでして。

まあ、それもこれも含めて台湾の魅力であることは間違いございませんので、興味ある方々は次回是非足を運んでみてくださいませ。

 台湾フェスタ
http://twfes.com/

記事へナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0


【レポート】 #日比谷 #オクトーバーフェスト 2018に行ってみた #日比谷公園

2018/07/21 15:38
画像

今年もやってまいりました、日比谷オクトーバーフェスト。ひゃっほーい。

画像

画像

猛暑がすごいんよ。

画像

画像

それにも関わらず、多くのお客様で賑わっているんよ。


会場は大盛り上がりで、僕も1杯ビールをいただいたのですが、こうして少し離れて眺めてみるに色々と言いたいことが溢れてくるわけで。それは、おっさんの悪い癖でもあるわけで。

画像

僕はオクトーバーフェストの自称ファンなのですが、お酒を飲んで、料理を食べて、愉快に楽しむフードイベントの走りでもあると思っておりまして。どうも昔ほど心躍らなくなっているのも、また事実。単純に僕自身が「慣れてしまった、飽きてしまった」のもあるかも知れない。

しかし、しかし、その原因は別にきちんとあるらしいようでして。オクトーバーフェストが担うべき、本来の主旨が薄れつつあるようでして。そこに懸念を感じずには居られないのでありまして。ま、とんだお節介ってやつに他ならないのでありますが。

ドイツのビール文化を伝えて欲しい

フェストゆえにお祭りゆえに騒ぐのは結構なのですが、僕はどうしても知的好奇心を満たして欲しいと思ってしまいます。ドイツ人ってどんな時にビール飲むの?どれくらい飲むの?沢山の種類があるけど、どんな特徴があるの?などなど、フードイベントならではの「知識・教養」を与えるサービスがあって良いかと思うのであります。

スマホで検索しろ、と言われるかも知れませんが、「この時」「この場所」でしか味わえない雰囲気の中、そういうサービスから得られる満足感ってのは格別のものなのです。リアルイベントを通じて、目と耳と鼻と舌とで得る知識・教養ってのが大事なのであります。(スマホで検索すれば分かった気になるような、図書館に通って分かった気になるような、そんな頭でっかちにはなりたくないのであります)

せめてビールをサーブする皆さまから一言二言で良いので「このビールは●●です」「このビールの歴史は●●です」という言葉を添えてもらえると嬉しいのです。チラシ片手に安いだの一番売れてるだのチープな呼び込みならば、わざわざオクトーバーフェストでなくとも、何処でも聞けるのであります。

ミスコン要素なぞ1ミリも求めてない

世間の盛り上がりをSNSのハッシュタグを通じて調べてみたところ、出るわ出るわ、ディアンドル(民族衣装)を来たミスコン候補のお姉さんの写真が次から次へと出るわ。イベント告知するのは至極当然として、結局のところ「オクトーバーフェストそのもの」には触れておらず。キャバクラと一緒ですやん、それ。

余談になりますが、別のミスコンのようなイベント(某自治体の観光大使を選抜するコンテスト)にて、各自が色々自己アピールする中、審査委員長が放った一言がとても印象的でした。

「この中で、アメリカ・ロシア・中国の政治で一番偉い人の名前を言える人っている?」

いわゆる知識・教養ってやつです。自己アピールも観光大使としての心構えも大事なのですが、普段から自分を磨いてますか、世の中の情報を得ようとしてますか、それを審査委員長は言いたかったんだと思います(いや、流石です)。ちなみに誰も手を挙げませんでした。

話を戻すと、オクトーバーフェストでミスコンやるのは百歩譲って良いとして、せめて「オクトーバーフェスト」ならではのミスコンを開催できないものかと。SNS使って「SHOWROOMはまた今度やりまーす」みたいなどうてもよい謎の個人アピールはよそでやれ、と。

だから、僕はオクトーバーフェストにはそろそろ愛想が尽きつつあるんだなと思いました・・・とか言いながら、おそらく明日の最終日は行くんだろうなw

画像

ちなみに会場の席はほぼ満席なのですが、直射日光をがっつり受けるベンチはガラ空きでしたのでこちらもご利用くださいませw

 オクトーバーフェスト2018
https://www.oktober-fest.jp/

記事へナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

2007/04/13に公認されました
PoweredTEXT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる