テーマ:まちねり

【まちねり】新橋の激辛カレーに舌を刺される

辛(から)いからカレーなのか カレーだから辛いのか どちらにせよ これはひとつの幸せである 辛(から)いのに アメーと呼ばれる料理が 日本に持ち込まれたとして それはちょっとした不幸である 耳と口と舌が混乱し その味を堪能出来ないからである  ・  ・  ・ 何の気紛れか 辛いカレーを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まちねり】有楽町のピザトースト元祖のお店 #まちねり

元祖やら 本家やら 老舗やら それらの違いの解説は 辞書にお譲りするとしても この世に存在する モノの数だけ 元祖やら 本家やら 老舗やらも 存在することは どうやら間違いないらしく ピザトーストの元祖のお店を 有楽町でお見掛けしたものでして 年季の入った店内に いささか圧倒されつつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【まちねり】23区内で唯一の渓谷、等々力渓谷 #まちねり

幸せと渓谷は とてもよく似ている 幸せはこちらへ歩いて来てくれないから こちらから歩いて行かねばならないし 渓谷もこちらへ歩いて来てくれないから こちらから歩いて行かねばならない 23区内に渓谷があると知り こちらへ歩いてきてくれないだろうから こちらから歩いて行くことにした 都心に似つかわしくない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まちねり】うどん天下一決定戦 #まちねり #うどん

先月の総括は 今月のうちに 本日は上半期最終日ということで 遅ればせながらも 最近あったことを少し振り返っておこうかと さて、少し前に代々木公園へ向かったのは 日本中から美味しいうどんが集まったからに他ならず そこに集まったうどんを 全て食べ尽したい いや、むしろ そこに集まったうどんを 浴槽か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まちねり】三越日本橋店で夕去乃刻(ゆうさりのとき) #まちねり #陶芸

ぐい呑で ちびりちびりと 日本酒を呑むのは 是か非か 例えどんなに 秋の夜が 長かったとして 例えどんなに 秋の月が 美しかったとして いずれか 白黒はっきり つけたいものであるが その前に これぞという ぐい呑をひとつばかり お手元に置いておいても 少しばかりも 可笑(お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まちねり】築地市場「八千代」でアジフライをいただく #まちねり

築地市場でお寿司以外を食べると 何だか損しているような イタリアでフランス料理を食べるような そういう感覚が どこか胸の中でもやもやと 湧いて出てくるもので そういう思い込みは 今後の人生において 何となくよろしくなさそうなので やや思い切って 築地市場でお寿司以外を 食べてみることにした 有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まちねり】新丸子のHanaCAFEで多肉植物と戯れる #まちねり #カフェ

僕は珈琲が好きです 言うは易し ご理解いただくのは難し 年齢を重ねると いい加減 それなりの説得力も欲しくなり お気に入りの珈琲を探しに ブラリと出掛けてみるのも さほど不自然なことでもなくて 県境を気軽に越えてみる 出入口で沢山の多肉植物に 出迎えてもらえる、 そういうカフェを目指してみ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

【まちねり】秋葉原のヴォルトコーヒー(Vault Coffee)で一息つく #まちねり #カフェ

表の電気街は 何かと慌ただしい 活気やら景気やらが 良い証拠なのであろうから 特別問題視することもあるまい されども 今となっては 二十年前みたく 一日中元気に 歩き回れるものでもあるまい 昼食後、しばらくすれば コーヒーの一杯でも 啜(すす)りたくなるのも致し方あるまい カップ オブ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【まちねり】国会議事堂前の大きな集会 #まちねり

2015年8月30日 にちようび 天気は曇り時々小雨 今日、国会議事堂前で 大きな集会があるぞ そのような呟きを 多々見掛けましたので 主義主張 それはそれで とても大事なのですが その前に まずその呟きが 果たして真実なのか この目で確かめておきたくて 傘をさして 駅から徒歩で移動しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まちねり】アトレ秋葉原でカレーの食べ比べをする #まちねり #カレー

人生が選択の連続なのは 重々承知している そういうつもりなのですが 選択する際に 出来ることならば 複数の回答を提示したいもので 時として 奥深さは大事なのでしょうが 時として 幅広さの方が 融通の利く気がしていて せめて 食事時くらいは 色々なものを幅広く 柔軟に味わってみたい そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【まちねり】鹿鳴館跡を訪ねてみれば文明開化の音 #まちねり

新しい時代の波に 乗り遅れるなと 髭将軍が大声を張り上げた まずは着る物に始まり 食べ物、飲み物の志向を経て 建築様式を流行り物にしてしまおう あ、それ 食べて飲んで踊れ あ、それ 食べて飲んで踊れ 当時の人々が 鹿鳴館で 何をどうしたのか 僕は招待されたことがまだないので 詳しく知ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まちねり】北海道の味を上野で楽しむ #まちねり

北海道の ご当地焼き鳥とやらが どうやら何種類かあるらしく 焼き鳥と聞くだけで 十分に食欲が湧いてくるのに 食の宝庫である北海道の ご当地焼き鳥となれば もはやこれは 聞き捨てなるまいて 思い立ったが何とやら 何とかして 味わってやろうと 大事でもない用事を作ってやれ 目指すは上野 防…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まちねり】夏目漱石旧居跡(猫の家)に立ち寄る #散歩

現在地から そう遠くないところに 夏目漱石の旧居跡があるらしい 喫茶店の待ち行列に退屈しつつ あちらこちらと ウロウロしていると 周辺の名所マップを見つけ 夏目漱石の旧居跡があるらしい 折角なので見てみたい 素直に、そう思った もし道中で千円札を二三枚でも拾えれば もう十分に幸運なのだがと期待し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まちねり】カヤバ珈琲で一息つく #cafe

コーヒーをのみたいな そうおもったのなら しめたもの じぶんをおうえんして もうすこしだけ あるいてみようか そこのかどには すてきなふんいきの カフェがあるんですよ いえいえ かどをまがるのではなく かどにいりぐちがあるんですよ ぼくはコーヒーをオーダーしますよ あなたがルシアンをオーダー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【まちねり】根津神社の文京つつじまつり #azalea

今のような猛暑に 世間が晒される前のお話には 意外にも続きがあるもので (前回の様子はコチラ) 午前中に上野で 牡丹(ぼたん)を観賞して 同じく午後から 徒歩で場所を移して 躑躅(つつじ)を観賞することに これ見よがしに 牡丹の次は躑躅でも、と 上野の会場で貼られていた つつじまつりのポスター…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【まちねり】上野東照宮ぼたん苑 #Ueno #peony

今のような猛暑に 世間が晒される前のお話 上野公園内で ぼたん苑が開催されており 気紛れもいかばかりかありし その存在は知っておれども 花木の観賞にさほど熱心さもなし その入口を脇目にチラチラと 中の様子を覗(うかが)う程度ながら、 気紛れの根気勝ちと相成れば致し方なし …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まちねり】夜なのに浅草、平和なのに浅草寺 #sanpo

随分と以前の話になるので 何故に浅草へ出掛けたのかという 根本的な部分については敢えて触れずに 浅草駅に降り立ち 日中、人混みに揉まれながら 散策するのも悪くないものの 夜、静かな雰囲気の中 ライトアップされた建立物を 楽しむのもまた悪くはないようで もし昔の方々が このライトアップされた建立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まちねり】二の丑、蒲田で蒲焼をいただく

土用の二の丑に 鰻をいただくのは 特別贅沢な事でもあるまい そう思うのは 本人の自由であって 年季を感じさせる 暖簾(のれん)をくぐる前に 財布の中身を確かめたい そう思うのも 本人の自由である 外見以上に 店内も良い雰囲気で 柱や壁など全てが 昭和の空気を十分に 吸い込んできたかのようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まちねり】門前仲町の伊勢屋で深川めしをいただく #sanpo #lunch

深い意味など 一切無くて 浅い意味すら ほとんど無くて 思い立ったが何とやら 深川めしの主役 アサリをいただきたくて 気が付けば、ここは門前仲町 貧乏 暇なし 余裕なし 僕が注文したのは ラーメンとセットになった お得感満載の深川めし パッと見は 玉子丼に思える 深川めしと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まちねり】略して銀ブラ、そしてカフェーパウリスタ #sanpo

銀座をブラブラと歩く 略して 銀座ブラブラ 更に略して 銀ブラ そして 美味しい珈琲をいただく 略して 美味しいコーヒー 更に略して おいヒー もしよろしければ下のボタンを押してやって下さい(無料)。ポイントが加算され、僕が「うほっ」と喜びます。にほんブログ村 ★ カフェーパウリスタ …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

【まちねり】巣鴨、良いかも、年に一度はおいで #sanpo

用事が あるとかないとか 行った経験が あるとかないとか 四の五の 口を動かしている 暇があるならば さっさと 足を動かせば 良いかも 動き始めると 景色が変わるから 景色が変わると 考えが変わるから 景色が変わらないと 考えが変わらないんだったら さっさと 足を動かした…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【まちねり】東京ミッドタウン横で開催中の「単位展」を訪れる #sanpo

数値化することは 何だか悪いことだと 勘違いしていたのかも知れない 数値化することで そこに宿っていた 優しさやら温かみやらが 消えてしまうことを 恐れていたのかも知れない 決してそうではなく 数値化は 自分以外の誰かに 言語や国境を越えようとも 正確に伝わるよう 先人たちが 頭を悩ませた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まちねり】日比谷公園で空を見上げる #poem #sky

風が冷たくなければ いつまでも 空を見上げていられるのだが 風が冷たくなければ 夕暮れ時に その色が変わるまで 見上げてしまうだろうから 風は冷たいのかも知れない 夕暮れ時が来て その色が変わったとしても それはそれで美しいはずだから きっと、見上げてしまうに違いない 風が冷たくなけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まちねり】思わずカレー激戦区に巻き込まれる #curry

空腹で仕方がない状態で 美味しい食事を求め 街中をウロウロするのは 修行の域を超えた 極限のジレンマである それがお昼時を過ぎていれば 最早ジレンマそのものである 空腹を満たすために 目に入った飲食店に入るのは 至極容易である しかし こんなにも空腹なのだから 美味しいものを食べれば より美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まちねり】ラストクリスマスツリーを振り返る #poem

毎年 そこにあって 当たり前だったものが 来年から もうそこにはないと 言われてしまうと 誰もが寂しく思うのでしょうが 本当の寂しさが しみじみとやってくるのは 来年から もうそこにはないと 言われてしまった瞬間 来年になって もうそこにはないことを 目の当たりにしてしまった瞬間 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まちねり】秋葉原で「牛かつ」をいただく

秋葉原と聞いて 頭の中に さて何を 思い浮かべるのか 秋葉原に限らず 何でも良いから ひとつの単語を聞いて 沢山のことを 思い浮かべられることは ひとつの幸せだと思う 空腹の僕が 偶然見かけた 「牛かつ」の看板 空腹の僕が 偶然見かけた 「60秒で揚がります」の看板 悩むや否や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まちねり】食べログ2013で第一位に選ばれたラーメンをいただく #ramen

小雨降る中 小腹が減って 噂を頼りに路地裏へ 小雨のお陰か 小一時間も 並ぶことなく店内へ 小粋な店員 頃合い見ては 注文受けて厨房へ 濃いかどうかは 好み次第か されども旨いと我思う 小雨降る中 小腹も満たし 小荷物抱えて傘をさす もしよろしければ下のボタンを押…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まちねり】日本橋三越で茶碗鑑賞

東にあるのがニホンバシで 西にあるのがニッポンバシで 今回に限っては東に関するお話 茶碗の良し悪しを語れと言われて ペラペラと講釈をたれられるはずなどなく お茶漬けが盛られた様子を想像して サラサラと香の物でも食べられれば精一杯 それが旨かろうが そうでなかろうが そんなに大した問題ではなく …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まちねり】浅草で天丼を食す #asakusa #lunch

観光地での 食事の選択において 奇をてらうことは 避けるようにしている 浅草では 天丼をいただく ミラノの ポークカツ マドリッドの シャンピニオン ハイダラバードの チキンビリヤニ 旅の達人に 言わせてみれば これらは定番中の定番 露骨な予定調和の 固まりなのかも知れない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【まちねり】浜松町の名酒センターで日本酒三昧 #sake

あなたの ご友人の中に 夏目漱石という者がいるだろう いや きっと いるはずだ もしも あなたの喉が 少しばかり乾いたとして 彼を 1人ほど 連れて行けば 酒が飲める 酒が飲める 酒が飲めるぞ 日本酒が3杯も飲めるぞ 飲み比べが出来るぞ 彼を もう1人 連れて行け…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more