アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
PoweredTEXT
ブログ紹介
名 前: たなかんじ(tanakanji)
性 別: 元気なオス
経 歴: IT業界(事業開発〜販売促進)→旅行業界(法人企画)
趣 旨: そこそこ真面目に旅行や観光について語るソロプロジェクト
散 歩: https://haveagood.holiday/users/32329
呟 声: http://twilog.org/tanakanji/
手 紙: poweredtext@gmail.com ※アットマークは半角小文字で!
zoom RSS

【まちねり】高尾山に初めて登ってみた

2017/08/05 16:43
都内に住んでいるならば
一度は行ってみたいものだねえと
一度は登ってみたいものだねえと

思い焦がれて早数年
いつまで経っても
いつまで待っても

向こうからやってくるわけではなさそうでして
致し方なく、眠い目をこすりながら
やって来たのが高尾山

画像

画像

画像

ミシュランだかラッスンゴレライだか
三ツ星だかラッスンゴレライだか
深くは知りません

その高評価がいかばかりかを計るべく
極力下調べをせぬまま初訪問

人の流れに従うのが容易かろうが
駅前の大きな看板に書かれた地図を見て
どこから頂上を目指してやろうか悶々

画像

画像

画像

頂上にたどり着くまでに
飽きることはほぼなく

美味しそうなものがあったり
見て癒されるような花が咲いておったり
ご利益のありそうな場所があったり

画像

当時は、初鰹の季節ながら
汗をかくのに十分なほどの陽気
半袖半ズボンで十分なほどの陽気

目指した頂上は
今、目の前に

過ぎてしまえば
何事もあっちゅう間で

画像

画像

心地よい天気の下(もと)で
心地よい景色を楽しませていただき

画像

勿論、乾いた喉は
心地よい泡で潤すのが
太古の時代から続く田中の流儀

画像

事前に買ったお得な切符は
片道分のケーブルカー・リフト代も
含まれていたのは有難いお話で

折角なので、
多少酔っぱらっているもので、
帰り道はケーブルカーで嗚呼ラクチン

その高評価に大きな偽りなくとも

頂上にあるビジターセンターの多言語化は
多少なりとも充実させて良いのではと
あえて、あえての苦言をここに残しておこうかね

  高尾山遊歩
 http://takaozanyuho.com/


記事へナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0


【まちねり】柴又と亀有でドーゾドーゾ #おでかけ

2017/08/05 16:02
年に一度くらいの頻度で
たまーに訪れるのが柴又

今の若い世代は
寅さん知りませんとか
言っちゃいますかね

画像

今、映画を観ると
昔と違った
印象を受けるんでしょうね

日曜日の晩の洋画劇場で放映されるときは
洋画じゃないから「特別版」という
体(てい)で扱われていたんでしょうね

はてさて、

柴又駅の目の前で
笑顔の彼と出会えるのは
悪い気もしないもので

いや、どうぞ、どうぞ

画像

ついでと言えるほど
近くはないものの
亀有に向かうことも
不自然では無かろうにと

今の若い世代は
両さん知りませんとか
言っちゃいますかね

今、漫画を読むと
昔と違った
印象を受けるんでしょうね

日曜日の晩のアニメが放映されていても
キャラクターの声が自分の想像と違うから
僕の中では別作品という扱いだったんでしょうね

はてさて、

亀有駅の目の前で
笑顔の彼と出会えるのは
悪い気もしないもので

いや、どうぞ、どうぞ

画像

学生時分、今から思えば
まともな唯一の遠出とも言えそうな
岩手県は盛岡への小旅行

じゃじゃ麵とともに
現地で暮らす悪友から紹介された
ソウルフードが、あの有名な福田パン

そのお弟子さんが開かれたらしい
亀有の吉田パン
当時を思い出すのに十分なお味でしてね

時間も場所も飛び越えて
昔の感覚を味わいたがるのは
はてさて、何故なんでしょうかね

跳躍する前の
助走なんでしょうかね




葛飾本 (エイムック 2653)
エイ出版社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 葛飾本 (エイムック 2653) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

るるぶ葛飾区柴又亀有 (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by るるぶ葛飾区柴又亀有 (国内シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0


【まちねり】 #ヒビヤガーデン #おでかけ

2017/07/23 14:38
ヒビヤガーデンとは

平たく言ってしまえば
日比谷公園で開催されるビアガーデン

これを略して

日比谷(ヒビヤ)+ビアガーデンで
ヒビヤガーデンと言ったところでしょうか

ちなみに、どーでも良い話ですが

公式WEBサイトの「ヒビヤガーデンとは」を拝見したところ
ヒビヤガーデンの定義を説明するのに
ヒビヤガーデンという単語を使っておりまして

Aというものの定義を説明するのに
Aという単語を使ってる時点で
説明になっとらんやろ、と

定義の仕方については
数学の時間に習ったはずやろ、と

本当にどーでも良い話ですみません

ただ、

こーゆーイベントやらフェスティバルの
WEBサイトを見るたびに

上記のような突っ込みどころが
散見されるわけで
特に以下のパターンが多いように思えまして

 「どういうイベントなの?」
 「君たちは何者なの?」
 「来場者にとってどんな良いことがあるの?」
 「あと、最寄駅は何駅なの?」

などなど

お洒落さを重視するがあまり
肝心な情報が抜けていたり
自ら売りだとしている部分の露出が弱かったり

世界のビールが飲める、を売りにしているならば
ビールの紹介する際に国旗のアイコンつけるとかすれば
一目で「おお、色々な国のビールが楽しめるのね」と
伝わっちゃうわけでしてね

単にビールの写真並べるだけならば
他のフードフェスでも出来ちゃうわけでしてね

さて、本題

世界のビールを楽しめると言われ
定番はなるべく外したくて
真っ先に向かったのが

画像

スペインのビール屋さん

8年前になるでしょうか、
悪友たちとスペイン周遊した際に
何度か味わった思い出の銘柄

Maou(マオウ)でございまして

画像

マオウ、マオウ、と繰り返し言い続けると
いつしか「おお、旨」になるという
どうでも良いオチがありまして

でも、実際に旨いもんは旨い

それにしても
屋台の看板のど真ん中に
漢字で大きく「肉」を書くって
どんなセンスなんだ・・・

ビールだけではなく、
雰囲気を現地に寄せてくれても良いじゃないか
なんで、漢字で大きく「肉」を書くんだ・・・

当然ながら
ビール一杯で満足することなぞ
僕にとっては無理難題なわけでしてね

画像

結局、安心・安全・定番の
ドイツのビールを注文するという

我ながら言ってることと
やってることが
見事にミスマッチしておるなあと

画像

途中で、
オリーブオイルで揚げた
贅沢なポテトフライを購入して

画像

美味しくいただきまして

贅沢かどうかは別にして
油がどうこう以前に
揚げたてを食べたかった、と

結構、そーゆー基本的なところが大事かと
客を多少待たせても良いから
作り置きではなく、揚げたてを提供した方が
お互いにハッピーいなれるのではないかと

そんなこんなで
好き放題言わせていただきましたが

パワーアップした本イベントを
また来年も楽しみたいという
イチ小市民の戯言(たわごと)だと思って

聞き流していただければ、これ幸い

  ヒビヤガーデン
 http://hibeer.jp/

記事へナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0


【まちねり】スリランカフェスティバル2017 #おでかけ

2017/07/22 16:30
日比谷公園で
アフリカのビールを満喫したものの
我が腹の虫は一向に静まらず

そりゃそうか、そりゃそうだ
今朝から固形物を口にした覚えがないもんだ

それならば美味しそうな匂いのする
また別の公園に向かってみようか

画像

やってきたのは代々木公園
スリランカフェスティバル
何か美味しいものでも食らわんか

画像

画像

画像

沢山の屋台に
賑やかなステージに
現地航空会社の応援も相まって

画像

結論から申し上げると
会場は随分と
大勢の方々でごった返しておりまして

人波をかきわけて
まずは何はともあれ
冷えたビールをいただこう

画像

それから
ここまで僕を連れてきた
腹の虫に何か旨そうなものを与えよう

画像

スリランカの代表的な料理は
現地観光局がおっしゃる
カレーとのことですが

カレーはインドで食べ飽きたので
初耳の「コットゥ」なるものをいただこう

画像

チャーハンのようでそうではなく
その正体は鶏肉やら野菜やら小麦でして

これが恐ろしいくらいビールに合う
あっさり目の味付けは僕の好みにも合う
腹の虫も気に入った様子

それにしても
当日のこの暑さは
スリランカのそれを模したのか否か

甘いものを口にしたがるのは
僕か、腹の虫か

画像

キリテーなる
甘そうな冷たそうな
価値ある飲み物を見つけたので

長い長い行列に並んだところ
お店の女性は忙しく

キリテーがたっぷり入った瓶を
裏の冷蔵庫から運んでは
プラスチックコップに並々と注ぐ

あまりの人気っぷりは
作られたミルク入りのキリテーが
冷えるのも間に合わない繁盛っぷり

僕の目の前で
「冷えるまで10分ほどお時間ください」と
お店の女性が申し訳なさそうな表情で
そう言うもんだから

それはそれで仕方ないよね、と
ミルクなしのストレート・キリテーを
注文しようとしたところ

画像

運良く、奥からミルク入りキリテーが運ばれてきまして
運よく、僕はミルク入りキリテーをいただけまして

スリランカ
なかなかにスリリングやんか
そんな演出もあって、余計に美味しく感じるやんか

  スリランカフェスティバル
 http://www.srilanka-festival.com/

記事へナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0


【まちねり】アフリカ日比谷フェスティバル2017 #おでかけ

2017/07/22 15:27
不思議か道理か
なるべく遠ければ遠いほど
憧れってのは容易く大きくなるもので

そんな憧れの地が
都内の公園にやって来るのを
容易く見過ごせるほど鈍感ではなくて

画像

画像

正直なところ
お店の数やら種類やらは
今後増えて欲しいなあと思う一方で

僕が何より
「ああ、アフリカな感じだ」と
膝を打ったのは

会場のインフォメーションセンターに
パンフレットをもらいにいった際
受付の女性から言われた印象的な一言

「まだ届いていません」を聞いた
その瞬間に他ならず、

画像

画像

ともあれ
まずはビールをいただこうと
屋台へ向かったところ

「ビールはまだアイスしてないねー」と
現地の方らしき、何とも大きな男性に言われ

連れていかれた別のお店で
無事に、伝統あるビールを買えましてね
優しいご対応に感謝、感謝

画像

何かお腹に入れたくて
屋台の前をウロウロしたものの

画像

こういう美味しそうな鶏肉も
魅力的だったものの

前回のコシャリみたく、
アフリカっぽいメニューを見つけられず
今回の食事は次の機会に
(失礼ながら・・・)

次は、パレードにも参加してみたく
お楽しみは後に取っておく、
僕はそんな性格なものでしてね

  アフリカ日比谷フェスティバル
 http://africah.web.fc2.com/event/j-hibiya2017.html

記事へナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 1 / コメント 0


【まちねり】第6回ワールドグルメ&ミュージックフェスタ

2017/07/22 14:32
誰に頼まれるわけでもなく
天気も良いことだし
休日くらいは日光を浴びようと

外をブラブラしたいものだと

そのための目的地くらいは
ゆるくて構わないので
決めておきたいものだと

シュシュッと調べてみるに
代々木公園で行われているらしい
ワールドグルメ&ミュージックフェスタ
なるものを目指すことにする

画像

到着するや否や
目と耳に飛び込んできたのは
ステージ上の賑やかなダンサーの方々

いやいや、ようく見てみると
観客の皆さまも
楽しそうに踊っておられまして

ワールドグルメ&ミュージックフェスタの名は
伊達ではなさそうな予感、ふむふむ

でも僕はミュージックよりも
グルメの方が得意なので
屋台の方へ向かうことにいたしましょう

画像

画像

画像

これだけ様々な屋台があると
いやはや何を食べて良いのやら
グルメが得意は僕でも困っちゃう悩んじゃう

とりあえず
何か珍しいものが良いなと
ビールに合いそうなものが良いなと

画像

ワニのお肉に挑戦

テレビやらで聞いていた通り
鶏肉みたいな食感で
あっさり、癖もないから、美味しくいただけました

あれだけワニの革製品が流通してるならば
同じようにワニの肉料理も流通して欲しいものでして

ショッピングよりもグルメが得意な僕としては
より強く、そう願うばかりでして

さて、次の獲物を探しに
日光を浴びながら
ブラブラしておりますと

とある看板と出会いましてね

画像

コシャリ

こりゃ聞いたことない料理
そりゃいただいてみますかな

そもそも
コシャリとは
看板の情報によると、

アラビア語で「混ぜ合わせる」の意味で
エジプト人のNO.1ソウルフードであり
ごはん、トマトソース、ピクルス、フライドオニオンで
構成されているらしくてね

とりあえず、
試しにコシャリを注文
トッピングなしのコシャリを注文

まずはコシャリそのものと
正面から向かい合いたいと
思ったが故のトッピングなしを注文

決して、貧乏ではないので誤解なきよう

画像

ブースターソースという
素敵なネーミングに食欲をそそられ
待つことしばし、

画像

500円にしては
満足のいくボリューム
しかもお味も十分に旨し

普段、我々が食べ慣れている
味の範疇を明らかに容易く越えながらも
嫌味なく、奇をてらってもおらず

乱暴にいうとスパイシーながら
毎日でも食べられちゃう
そんな個性的な一品

ええもんいただきました

画像

美味しいビールも
2杯目をいただきました
コシャリ同様、IPAもやっぱり個性的

朝食食べずに来たもので
もう一品くらいいただいておこうと

画像

腹持ちのよさそうな
韓国焼きそばを
アジア代表としていただきまして

唐辛子が少々効いてるものの
味自体はむしろあっさりでして
日本のいわゆるソース系も旨いですが
かなり新鮮な印象を受けましてね

画像

最後にデザートとして
アメリカから来られた方々らしき
女性からブルーベリーパイを買いまして

たまーに映画とかで
欧米の方々が食べるパイってのを拝見し
無性に「うわー旨そう」と思ってましたが

ここにきて、初体験

先ほどの韓国焼きそばみたく
かなりのあっさり系でした
もっと強烈に甘いものかと勘違いしておりました

世界は意外にも優しいお味で
満たされているのかも知れませんなあ

なるべくならばグルメ以外においても
様々な国や地域が世界にある中
お互いに穏やかな関係でいたいものですなあ

それにしても
当日の日差しは、
これでもかというくらいに強烈でした

また機会あれば、来年も来ようか


記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0


居酒屋ランチ170611 #izakaya #lunch

2017/07/17 13:45
<すずき定食>

蒲田という街は
羽付餃子がよく似合う

ちょいと調べれば
羽付餃子の名店が
もう沢山ってくらい出てくる

実際に僕は毎週のように
もう沢山ってくらい
主に休日のお昼に満腹になっている

そこへ突如現れたのが
天ぷら屋さんでございましてね

画像
画像

大袈裟に言うならば

羽付餃子という
中華料理が幅を利かせる
この街、蒲田で

天ぷらという
和食の代表格が乗り込んできて
和食ながら黒船みたいなものでしてね
高まる緊張を抑えながら以下略

画像
画像

更に加えて

「高菜」「明太子」「鶏そぼろ」
ご飯のお供が食べ放題という
嬉しい特典がついておりましてね

画像
画像

これはご飯がいくらあっても足りませんわ

これでもしご飯食べ放題ならば
僕は休日終日住み着いてしまいそうで

画像
画像
画像

ま、こんなことを考えながら
天ぷらを食べる必要はないので

エビ・キス・半熟卵・野菜2種・鶏天・イカ 計7品

もしお店へお越しになる際には
心行くまでごゆっくり堪能するが良くてよ

天ぷら すずき にて/850円



ちなみに「高菜」「明太子」および
平日ご飯のおかわりが自由な
居酒屋ランチはこちらをご覧くださいな。
記事へナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

2007/04/13に公認されました
PoweredTEXT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる